大腸菌症

Colibacillosis【大腸菌症】


大腸菌症

 本症は、大腸菌(Escherichia coli)によって起こります。
 大腸菌は、鶏の腸管内に常在しますが、健康な鶏には発病しません。
 しかし、鶏に感染性あるいは環境性ストレスがかかったとき、呼吸器感染から敗血症を起こして発病します。(大腸菌性敗血症:Coli-septicemia)本症は養鶏産業に重大な経済的損失を与えています。

大腸菌症 症状

 とりわけ、ブロイラーでの発生率は高いです。

 すなわち、出荷直前の6~9週間齢での発生が最も多く、養鶏場における重要な疾病の1つです。

 病例から分離される大腸菌の血清型はO抗原(菌体抗原)で、O2、O78、O1が比較的多いのですが、その他種々の血清型あるいは血清型別不能の大腸菌も多く、また、血清型と病原性は特別関係しません。

 初生ひなで孵化後数日以内に見られる大腸菌症は、介卵感染によるもので、その多くは種卵表面の糞便に汚染され、大腸菌が卵殻を通過して侵入することにより起こります。(on eggの感染)

 しかし、時には母鶏の卵巣や卵管が大腸菌に汚染され、その時形成された卵の内部に大腸菌が侵入することによる場合もあります。(in eggの感染)

 実験的にも、大腸菌接種した母鶏の出産した卵の26.5%が大腸菌を含んでいたという報告もあります。

 産卵を開始したばかりの若どりと成鶏では、感染経路は主に呼吸器です。

 鶏舎の糞埃は、1gあたり10~100万個の大腸菌を含み、これは長期間生残すことといわれています。

 鶏はこのような大腸菌を含む塵埃を吸入して呼吸器感染を起こし、最近が肺の肺胞壁を通って毛細血管内へ侵入すると、菌血症あるいは、肺血症を起こすと推測されています。

 健康鶏では、呼吸器の上皮細胞の線毛運動で最近を排除することができますが、種々の原因で呼吸器上皮が傷害されると大腸菌の増殖を許します。

 また、たとえ鶏が菌血症におちいっても、鶏体内の感染防御機能が正常であれば、敗血症性病変は軽微に終わります。

 しかし、これらの防御機能は種々のストレスによって減弱します。

 マイコプラズマ、伝染性気管支炎ウイルス、弱毒ニューコッカス病ウイルス、伝染性コリーザの病原体であるHaemophilus paragallinarumなどの鶏の鼻、喉頭、気管、気嚢などの上部気道において粘上皮細胞を破壊し、大腸菌の粘膜上皮の付着、定着を容易にします。

 また、伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスは鶏のファブリキウス嚢を破壊して、液性抗体産生を抑制し、大腸菌に対する感受性を高めるとされています。

 このほか、寒冷、暑熱、換気不良、密飼、栄養の不均衡など種々のストレスが鶏の大腸菌に対する感受性を高めるとされています。

症状

 最初は元気消失、呼吸器症状を示すものがみられ、敗血症に陥った鶏は、体温が上昇(42.2~43.5℃)し、糞便で汚れた羽毛を逆立てて、やがて死亡します。

 発生群における罹患率は、一般に10%以上です。

 死亡率は通常の5%以下ですが、ときには20%にも達します。

 関節炎のある鶏では、脚弱を示します。

予防・治療・対策

 外国では不活化ワクチンがありますが、効果的ではありません。

 治療には、抗生物質が使用されますが、薬剤耐性菌が多いので、使用薬剤は、感受性を調べてから選択することが望ましいです。

 対策としては、誘因となる呼吸器障害や免疫抑制を起こす要因を排除するように注意し、良好な衛星管理、飼育管理を維持することです。

 また、ひなによる病原体の伝播ならびに幼雛の損耗防止のために孵卵衛生を改善します。

クロストリジウム感染症(壊死性腸炎)

クロストリジウム感染症(壊死性腸炎)


小軍鶏 白色

ウェルシュ菌に汚染された飼料や敷料を鶏が経口的に摂取し、その菌が小腸内で増殖することにより引き起こされる感染症です。
 
 
 

病因と発生

ウェルシュ菌に汚染された飼料や敷料を鶏が経口的に摂取し、その菌が小腸内で増殖することにより引き起こされる。

腸粘膜に傷害をもたらす要因(コクシジウム、ウェルシュ菌の多数寄生、高繊維質の敷料など)が存在した場合や、伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスの感染により、鶏の免疫機能が低下した時などに本病が発生しやすくなる。

野外例では、2週~6ヶ月齢の鶏、七面鳥、ウズラ、キジなど発生したことが報告されている。
なかでも、平飼いの2~5週齢のブロイラーに多く認められている。

年間のうちで温度、湿度が上昇する4~9月に発生が多い。
過去に発生した鶏舎では、消毒が不十分な場合再発する傾向がある。

発病率、死亡率は治療により大きく左右され、1%以下から60%以上に及ぶ。

症状と病変

食欲の減退に始まり、歩行を好まず、羽毛を逆立てる。
著名な貧血も観察される。

赤褐色ないし黒褐色のタール状の便を排泄し、糞便中に腸粘膜組織片が混入している。
元気消失し、著しく衰退した鶏は、短時間の経過で転帰をとる。

症状、病変が類似するものに、潰瘍性腸炎(うずら病)、コクシジウム症、およびヒストモナス症(黒頭病)がある。

予防・治療

発病群に対する早期のペニシリン系、テトラサイクリン系などの抗菌剤の経口投与(特に飲水)が有効である。

予防には、鶏舎内の消毒を徹底し、本病の誘発防止のため飼養・衛生管理を改善する。

2007 vol.61 ザ・ポウルトリーより引用

日本鶏保護連盟 URL

鶏愛好家のみなさまから熊本地震の物資を戴きました

 熊本地震 鶏の会の絆

4月14日・16日の、震度7の熊本大地震に際し、愛鶏家の方々より心あたたまる、たくさんのご支援とお見舞いを賜り、なんとお礼を申し上げてよいか、ほんとうにありがとうございました。

 鶏愛好家の方々からの物資


鶏の会のみなさまからの物資


鶏愛好家からの物資

5月16日、1ヶ月たった今でも尚、余震が続いています。

【熊本地震】と名付けられましたが、大変な中にも、鶏の会のみなさまからたくさんの愛情を戴き、感謝致します。

 

ご支援・お見舞い戴きましたみなさまのご紹介 【順不同】

  • 全国一心会        :会長 広吉 五三さま
  • 大阪市の西建実業     :社長 西尾光雄さま
  • 東大阪市         :   寺本 又司さま
  • 全国小型軍鶏協会     :代表 間所 栄次さま
  • 九州チャボ保存会     :会長 近藤 純久さま
  • 静岡県の愛鶏家      :   粳田 祐司さま
  • 九州チャボ保存会     :   大坪 義徳さま
  • 九州チャボ保存会     :   大石 剛さま
  • 福岡県          :   古賀さま
  • 佐賀県日本鶏保存会    :会長 井上 豊孝さま
  • 佐賀県日本鶏保存会    :   松藤 恵樹さま
  • 清水港小軍鶏クラブ    :会長 藤牧 勝郎さま
  • 日本愛玩鶏協会大分県連合会:会長 平川 武さま