大坪義徳氏 鶏自慢

福岡県 大坪義徳氏

小軍鶏が大好きと語る大坪氏。 鶏はやっぱり小軍鶏だ!!
小軍鶏 白笹

今回の鶏自慢は、福岡県にお住いの大坪義徳氏のご紹介です。

「ちゃぼより小軍鶏が好き」と、おっしゃる大坪氏、最初は4羽から飼い初めた鶏たちが、3~4年しかたたない内に、銘鶏と呼ばれるにふさわしい、勢揃いの鶏舎となりました。

体調不良で、リハビリのために・・・、と養った鶏たち。

大坪氏の元気の源は、すばらしい銘鶏たちのおかげかもしれません。

鶏飼いのこだわりや、心の養い方の秘訣をお教え戴きました。

自慢の小軍鶏たち

小軍鶏つくりのこだわりは、九州の特徴かもしれませんが、顔の大きさを気がけていらっしゃるそうです。

銘鶏と呼ばれるにふさわしい、小軍鶏たちのご紹介です。

↓小さい画像の上にマウスをおくと写真が拡大します

オーナーのご紹介

大坪義徳氏 愛鶏と一緒に
大坪義徳氏

九州チャボ保存会 役員:大坪義徳

090-8418-2727

【大坪氏への QandA】

 

Q. 鶏を飼われたきっかけは何でしょうか?

A. 九州チャボ保存会・近藤純久会長の鶏のお世話をしてたのがきっかけで、もともと興味はあったのですが、本格的に飼い始めたのは、3~4年位前になります。

Q. 小軍鶏を中心に飼われていますが、こだわりはありますか?

A. 九州の特徴かもしれませんが、特に大きい顔つきです。
赤笹と白笹がとても好きで、白笹は、首から背中にかけての白色がなかなか出にくい・・・、ここをどうあらわそうかと研究中です。

Q. 孵化はどのようになさっていますか?

A. 数羽のアローカナのメス鶏を養って、抱かせています。
ちゃぼや烏骨鶏のように、大変上手に卵を抱きますので、孵化率も高く、助かっています。

こだわりの小軍鶏・赤笹

品評会でも、たくさんの出品があり、鶏飼いの方々が【幻】を求めて日々に研鑽される、小軍鶏・赤笹のご紹介です。

肩張り、顔つき共に、大変貫禄ある赤笹たちでした。

これからの銘鶏を目指して

大坪氏の鶏舎は、柳川の支流が流れ、田畑に囲まれた、静かなたたずまいを感じさせる町作りの中、鶏を養うには大変適した環境でした。

そんな恵まれた環境の中、鶏たちも病気もすることもなく、元気な姿を見せてくれています。

雛たちも順調に育ち、将来の銘鶏がたくさん産声をあげているようです。

すばらしい環境の元、暑いこの夏も、乗り切ってもらいたいものです。

ナイスショット

縁が深いお二人ですが、これからも会長を補佐し、福岡の鶏会の発展に全力を尽くして下さることと思います。(左:近藤純久会長です。)

近藤純久氏 大坪義徳氏 仲良しのツーショット
日本鶏保護連盟 URL

愛鶏家の皆さんの熊本地震募金

日本鶏品評会で熊本地震募金

愛媛県日本鶏保存会・香川県日本鶏保存会・紀州日本鶏保存会での日本鶏品評会で、熊本大地震への救援募金を募り、一日も早い復興を願って、日本赤十字社に多額の募金を送られました。

たくさんの愛鶏家の心のこもった愛情と真心に感謝を申し上ます。

募金をされた愛鶏家の方々に対し、心より敬意と感謝の誠を捧げます。

ほんとうにありがとうございました。

 

▼ 愛媛県日本鶏保存会【会長:渡部 仁さま】


愛媛県日本鶏保存会

▼ 香川県日本鶏保存会 【会長:山本 智士さま】


香川県日本鶏保存会

▼ 紀州日本鶏保存会【会長:久保 勝紀さま】


紀州日本鶏保存会

 


愛鶏家 日本赤十字社

たくさんの方々に支えられ、まだまだ、復興中といったところですが、この記事を記載している6月、頑張っています。

心より心より感謝申し上げます。

近藤 純久氏 鶏自慢

福岡県 近藤 純久氏

鶏歴40余年、ベテランが選んだ鶏たち!!

小軍鶏 白色

今回の鶏自慢は、福岡県にお住いの近藤純久会長のご紹介です。

(さらに…)