日本鶏保護連盟 福岡・柳川での新年会

2104年 新年会

▼2014年2月16日、福岡県柳川にある、斎場「ランヴィエール勝島」で、日本鶏保護連盟新年会が和やかな中で行われました。
2014年 新年会集合写真
▼開会の挨拶は、日本鶏保護連盟会長:片桐英彰会長の挨拶で始まりました。
片桐英彰会長挨拶
今日は、みんな仲良しこよしで、鶏談義に花を咲かせましょうと、あたたかいお言葉を戴きました。

▼次に、新年会の幹事役を勤められた、九州チャボ保存会:近藤会長のご挨拶を戴きました。

近藤会長のおかげで、このような盛会な集まりが出来ますことを心より感謝申し上げます。
近藤純久会長挨拶 九州チャボ保存会
近藤会長のおかげで、このような盛会な集まりが出来ますことを心より感謝申し上げます。

▼西日本チャボ保存会:上野亨会長の乾杯の音頭です。
上野亨会長挨拶
▼みなさま、愛鶏をこよなく愛する方の集まりで、久々に顔を合わせて、乾杯されました。
みなさんで座談
▼佐賀県日本鶏保存会:松本会長と、上野会長です。
上野亨会長 松本一敏会長 みかん
お二人ともに、天然記念物日本鶏の保存に全力を注いで下さる、頼もしいお方々です。

▼恒松夫人、踊り出したら止まらない・・・。
恒松夫人おどり
▼愛鶏家のみなさまは、おいしいお酒と食事に舌鼓を打ちながら、鶏談義に花が咲きました。
鶏談義
▼大変気合の入った迫力ある、松本会長の万歳三唱で、本年度の新しいスタートの約束を交わし、新年会が滞りなく終了致しました。
松本一敏会長 佐賀県天然記念物日本鶏保存会
また今年も、みなさんと力を合わせて、日本鶏の保存に勤めて行きたいものです。

さまざまな場面

日本鶏保護連盟 URL

マレック病

マレック病 鶏の病気


地球儀

 ヘルペスウィルスに属するマレック病ウィルスによるTリンパ球の腫瘍性増殖を特徴とする病気です。

 発生のピークは4~10ヶ月齢。 大雛から出るフケが感染源となり、伝染力は極めて強力です。

マレック病の症状

 初期はしびれがきたような症状でフラフラします。
(このような症状からマレック病は別名脚マヒとも言います。)

 また、重症になると横に倒れ、両足が痙攣(けいれん)するようになります。

 この病気にかかると末梢神経も侵されますが、主として内臓諸臓器に腫瘍を形成します。

マレック病の対策

 大雛から出るフケが感染源になるので中大雛と初生雛は隔離し、大雛から出るフケを雛に吸わせないようにします。

 落ちたフケが舞って、雛が吸ってしまうということがあるので500m以上は離すこと。

 ワクチンは、Tリンパ球が腫瘍化するのを防止しますが、ウィルスの感染は衰えません。(ワクチンをしておくと感染はしても発病はしません。 しかし、発病はしなくても他の鶏への感染源になりうるので注意。)

 他には鶏舎の整備、消毒、温度・湿度の管理を徹底します。

一口メモ

 マレック病のワクチンは生ワクチンで、孵化1日目にうたないと効果は薄く、また1000単位(5000円位)でまとめてしか購入できません。

 生ワクチンのため日持ちしないので取り扱い方に少々難があります。

愛鶏家の皆さんの熊本地震募金

日本鶏品評会で熊本地震募金

愛媛県日本鶏保存会・香川県日本鶏保存会・紀州日本鶏保存会での日本鶏品評会で、熊本大地震への救援募金を募り、一日も早い復興を願って、日本赤十字社に多額の募金を送られました。

たくさんの愛鶏家の心のこもった愛情と真心に感謝を申し上ます。

募金をされた愛鶏家の方々に対し、心より敬意と感謝の誠を捧げます。

ほんとうにありがとうございました。

 

▼ 愛媛県日本鶏保存会【会長:渡部 仁さま】


愛媛県日本鶏保存会

▼ 香川県日本鶏保存会 【会長:山本 智士さま】


香川県日本鶏保存会

▼ 紀州日本鶏保存会【会長:久保 勝紀さま】


紀州日本鶏保存会

 


愛鶏家 日本赤十字社

たくさんの方々に支えられ、まだまだ、復興中といったところですが、この記事を記載している6月、頑張っています。

心より心より感謝申し上げます。