ロイコチトゾーン症

 ロイコチトゾーン症

花飾り アレンジ
 ロイコチトゾーン症は住血原虫(ロイコチトゾーン・カウレリー)の寄生によって起こる病気で、ニワトリヌカカという蚊の一種によって媒介されます。 

 そのため、ニワトリヌカカの発生シーズンがロイトチトゾーン症の発生と一致します。

ロイコチトゾーン症の発生

 ロイコチトゾーン症は住血原虫(ロイコチトゾーン・カウレリー)の寄生によって起こる病気で、ニワトリヌカカという蚊の一種によって媒介されます。

 そのため、ニワトリヌカカの発生シーズンがロイコチトゾーン症(以下ロイコと略)の発生と一致します。
ヌカカの発生は4月下旬から11月にかけて南の方からその発生がはじまります。

 ロイコの多発は夏中心で、5月~10月に多くみられます。
 発生の鶏齢は、幼若なものから老鶏に至るまで、各年齢のものに、また雄、雌に関係なく幅広く感染します。

病状

「夏の緑便はロイコと思え」といわれるくらい、一番目につくのは緑便です。
 幼・中・大雛などは貧血した白っぽい顔をして、ボーッとたたずみ、目をつむり、時に喀血(口から血を吐く)して死んでいきます。
 その小屋の中には、濃緑色の下痢便がみられます。

■緑便はあっても、まったく呼吸器症状はありません。
 これが悪性呼吸器病との違いです。

■マレック病も緑便をしますが、集団的に一度に発生しません。
 ロイコは群全体に緑便がみえます。

 成鶏では、産卵低下、軟卵、トサカの貧血、急死などがありますが、やはり緑便が一番目についてきます。  

ロイコの診断

 血液をとって顕微鏡検定(ロイコ原虫の検査)をすれば、すぐに診断出来ます。

治療と予防

(1)薬剤と添加

 餌に予防薬を添加します。
 特効薬に効く薬剤はピリメタミン剤です。

 現在市販されているものは、ピリメタミンとサルファ剤の合剤です。
 餌に薬を添加し毎日食べさせます。

 治療にも同じピリメタミンサルファ剤を使いますが治療にあたっては、1000倍散を0,1パーセントより0,15%ぐらいに多くして、緑便が消えるまでつかい、その後、0,1%で連用してください。

 毒性は全くありません。

(2)殺虫剤の散布

 ロイコはニワトリヌカカが媒介するので、殺虫剤で定期的に鶏舎の内外を散布します。

(3)環境の整備

 整理整頓に始まり、側溝の掃除などを行って少しでもヌカカの発生や生息源を減らして下さい。

 通風の良い鶏舎は被害も少なくてすみます。

■クモの巣除去、通路の掃除によって風通しをよくすることは、他の病気予防にも共通しています。

衛生環境づくりに心がけて下さい。 

2011 vol.80 ザ・ポウルトリーより引用

日本鶏保護連盟 URL

第38回 全国天然記念物西日本展示品評会

品評会での集合写真

平成25年5月12日、すばらしい五月晴れのもと、大分県日本鶏保存会主催、第38回全国天然記念物西日本展示品評会が、大分県宇佐市総合運動公園内で行われました。
大分県日本鶏保存会 日本鶏品評会
 
 
▼ 全国各地の代表する愛鶏家の方々が、遠くからたくさん参加され、銘鶏が出品されました。
会場風景 品評会
 
 

開会式

▼ 開会式での小野田会長挨拶。
小野田会長 大分県日本鶏保存会
 
 
▼ 各会の会長のご紹介。
 今年もたくさんの鶏の会の方々がお越しくださいました。
開会式 会長のみなさま
 
 
▼ 出品された鶏たちも、なかなか拝見することが出来ない、たくさんの銘種を見ることが出来ました。
尾曳チャボ 赤笹
 
 
▼ こちらの薩摩鶏(赤笹)は、文部科学大臣賞をとられた、奈良県の前川圭造会長の鶏です。
 尾の開き、羽色等、申し分ないすばらしい銘鶏でした。
 文部科学大臣賞 天然記念物 薩摩鶏 赤笹
薩摩鶏 赤笹 優勝
 
 
 遠い和歌山の久保会長さまが、うどん・焼き鳥などのサービス出店を戴き、
大変にぎやかな品評会となりました。
 
 全国各地の交流が感じられる、品評会でした。
 
日本鶏保護連盟 URL

近藤 純久氏 鶏自慢

福岡県 近藤 純久氏

鶏歴40余年、ベテランが選んだ鶏たち!!

小軍鶏 白色

今回の鶏自慢は、福岡県にお住いの近藤純久会長のご紹介です。

(さらに…)