大坪義徳氏 鶏自慢

福岡県 大坪義徳氏

小軍鶏が大好きと語る大坪氏。 鶏はやっぱり小軍鶏だ!!
小軍鶏 白笹

今回の鶏自慢は、福岡県にお住いの大坪義徳氏のご紹介です。

「ちゃぼより小軍鶏が好き」と、おっしゃる大坪氏、最初は4羽から飼い初めた鶏たちが、3~4年しかたたない内に、銘鶏と呼ばれるにふさわしい、勢揃いの鶏舎となりました。

体調不良で、リハビリのために・・・、と養った鶏たち。

大坪氏の元気の源は、すばらしい銘鶏たちのおかげかもしれません。

鶏飼いのこだわりや、心の養い方の秘訣をお教え戴きました。

自慢の小軍鶏たち

小軍鶏つくりのこだわりは、九州の特徴かもしれませんが、顔の大きさを気がけていらっしゃるそうです。

銘鶏と呼ばれるにふさわしい、小軍鶏たちのご紹介です。

↓小さい画像の上にマウスをおくと写真が拡大します

オーナーのご紹介

大坪義徳氏 愛鶏と一緒に
大坪義徳氏

九州チャボ保存会 役員:大坪義徳

090-8418-2727

【大坪氏への QandA】

 

Q. 鶏を飼われたきっかけは何でしょうか?

A. 九州チャボ保存会・近藤純久会長の鶏のお世話をしてたのがきっかけで、もともと興味はあったのですが、本格的に飼い始めたのは、3~4年位前になります。

Q. 小軍鶏を中心に飼われていますが、こだわりはありますか?

A. 九州の特徴かもしれませんが、特に大きい顔つきです。
赤笹と白笹がとても好きで、白笹は、首から背中にかけての白色がなかなか出にくい・・・、ここをどうあらわそうかと研究中です。

Q. 孵化はどのようになさっていますか?

A. 数羽のアローカナのメス鶏を養って、抱かせています。
ちゃぼや烏骨鶏のように、大変上手に卵を抱きますので、孵化率も高く、助かっています。

こだわりの小軍鶏・赤笹

品評会でも、たくさんの出品があり、鶏飼いの方々が【幻】を求めて日々に研鑽される、小軍鶏・赤笹のご紹介です。

肩張り、顔つき共に、大変貫禄ある赤笹たちでした。

これからの銘鶏を目指して

大坪氏の鶏舎は、柳川の支流が流れ、田畑に囲まれた、静かなたたずまいを感じさせる町作りの中、鶏を養うには大変適した環境でした。

そんな恵まれた環境の中、鶏たちも病気もすることもなく、元気な姿を見せてくれています。

雛たちも順調に育ち、将来の銘鶏がたくさん産声をあげているようです。

すばらしい環境の元、暑いこの夏も、乗り切ってもらいたいものです。

ナイスショット

縁が深いお二人ですが、これからも会長を補佐し、福岡の鶏会の発展に全力を尽くして下さることと思います。(左:近藤純久会長です。)

近藤純久氏 大坪義徳氏 仲良しのツーショット
日本鶏保護連盟 URL

大腸菌症

Colibacillosis【大腸菌症】


大腸菌症

 本症は、大腸菌(Escherichia coli)によって起こります。
 大腸菌は、鶏の腸管内に常在しますが、健康な鶏には発病しません。
 しかし、鶏に感染性あるいは環境性ストレスがかかったとき、呼吸器感染から敗血症を起こして発病します。(大腸菌性敗血症:Coli-septicemia)本症は養鶏産業に重大な経済的損失を与えています。

大腸菌症 症状

 とりわけ、ブロイラーでの発生率は高いです。

 すなわち、出荷直前の6~9週間齢での発生が最も多く、養鶏場における重要な疾病の1つです。

 病例から分離される大腸菌の血清型はO抗原(菌体抗原)で、O2、O78、O1が比較的多いのですが、その他種々の血清型あるいは血清型別不能の大腸菌も多く、また、血清型と病原性は特別関係しません。

 初生ひなで孵化後数日以内に見られる大腸菌症は、介卵感染によるもので、その多くは種卵表面の糞便に汚染され、大腸菌が卵殻を通過して侵入することにより起こります。(on eggの感染)

 しかし、時には母鶏の卵巣や卵管が大腸菌に汚染され、その時形成された卵の内部に大腸菌が侵入することによる場合もあります。(in eggの感染)

 実験的にも、大腸菌接種した母鶏の出産した卵の26.5%が大腸菌を含んでいたという報告もあります。

 産卵を開始したばかりの若どりと成鶏では、感染経路は主に呼吸器です。

 鶏舎の糞埃は、1gあたり10~100万個の大腸菌を含み、これは長期間生残すことといわれています。

 鶏はこのような大腸菌を含む塵埃を吸入して呼吸器感染を起こし、最近が肺の肺胞壁を通って毛細血管内へ侵入すると、菌血症あるいは、肺血症を起こすと推測されています。

 健康鶏では、呼吸器の上皮細胞の線毛運動で最近を排除することができますが、種々の原因で呼吸器上皮が傷害されると大腸菌の増殖を許します。

 また、たとえ鶏が菌血症におちいっても、鶏体内の感染防御機能が正常であれば、敗血症性病変は軽微に終わります。

 しかし、これらの防御機能は種々のストレスによって減弱します。

 マイコプラズマ、伝染性気管支炎ウイルス、弱毒ニューコッカス病ウイルス、伝染性コリーザの病原体であるHaemophilus paragallinarumなどの鶏の鼻、喉頭、気管、気嚢などの上部気道において粘上皮細胞を破壊し、大腸菌の粘膜上皮の付着、定着を容易にします。

 また、伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスは鶏のファブリキウス嚢を破壊して、液性抗体産生を抑制し、大腸菌に対する感受性を高めるとされています。

 このほか、寒冷、暑熱、換気不良、密飼、栄養の不均衡など種々のストレスが鶏の大腸菌に対する感受性を高めるとされています。

症状

 最初は元気消失、呼吸器症状を示すものがみられ、敗血症に陥った鶏は、体温が上昇(42.2~43.5℃)し、糞便で汚れた羽毛を逆立てて、やがて死亡します。

 発生群における罹患率は、一般に10%以上です。

 死亡率は通常の5%以下ですが、ときには20%にも達します。

 関節炎のある鶏では、脚弱を示します。

予防・治療・対策

 外国では不活化ワクチンがありますが、効果的ではありません。

 治療には、抗生物質が使用されますが、薬剤耐性菌が多いので、使用薬剤は、感受性を調べてから選択することが望ましいです。

 対策としては、誘因となる呼吸器障害や免疫抑制を起こす要因を排除するように注意し、良好な衛星管理、飼育管理を維持することです。

 また、ひなによる病原体の伝播ならびに幼雛の損耗防止のために孵卵衛生を改善します。

松本 一敏氏 鶏自慢

 松本一敏氏の鶏へのこだわり! 鶏自慢


庭園と小国鶏

 実家が野菜・養鶏所等を営む商売人の家に生まれた、松本一敏氏は、幼いころから鶏たちとの縁が深く、本格的に鶏を飼い始めたのは、18年前からですが、現在、佐賀県はもちろん、全国有数の鶏の品評会を開催されるまでになられました。

 昨年、佐賀県日本鶏保存会 会長を若い後継者に引き継がれましたが、鶏への情熱は変わることなく、今も、日本鶏の保存に情熱を燃やしていらっしゃいます。

 そんな佐賀県日本鶏保存会・前会長の松本氏に、鶏へのこだわりをお尋ねしました。

新築の素晴らしい鶏舎

 庭先にたくさんの鶏が放し飼いにされ、訪れた方々を楽しませてくれます。
 健康のために飼育し始めたとおっしゃいますが、訪れるたくさんの方々の心も癒してくれます。
↓小さい画像をクリックすると写真が拡大します


 
 

オーナーの紹介

松本一敏 鶏と一緒に
松本一敏氏

佐賀県日本鶏保存会 前会長

佐賀県鳥栖市山浦町2973

TEL:0942-83-1500 

【松本氏への QandA】

Q.佐賀県日本鶏保存会の会長を終えられてどういったお気持ちですか?

A.佐賀県日本鶏保存会を若い方にバトンタッチしたのは、少子高齢化社会での日本鶏の保存を、若い人たちにつないでいかないといけないと考えていたからです。

 若い人にバトンタッチして、日本鶏を愛し、保存してくれる若い人たちが多く育ってくれることが、わたしの願いです。

 若い人がつないでいかないと、若い人が集まって来ないです、年寄りが多いと消滅していくと思うんですよ。

Q.若い方たちにバトンタッチされるタイミングはどのようにお考えでしたか?

A. わたしの人生は7・8なんです。

 終戦が7(ミサイルで狙撃された)・8歳・、17歳で母を亡くしました。

 27歳で父を亡くし、今の老人ホームの基盤となる土地を購入し、1600坪の牧場を作って、37・38歳で自宅を建て、47・48歳で社会福祉の今の老人ホーム(洞庵の園)を立てました。

 57・58歳で他の施設も作っていきました。

 また、今度新しく施設を作りましたが、77・78歳で施設を拡大しました。

 7.8がわたしの人生の節目だと思いますので、78歳で会長を退くことにしました、良い時期だったと思っています。

Q.若い方たちへ代を譲って、何かご助言等ありますか?

 まだまだ、若い会長なので、こちらでも出来るだけの手助けをしてあげたいと思っています。

Q.今後、力を入れて行きたい鶏は?

 力を入れるというより、経営している老人ホームにいらっしゃる方々に鶏をお見せして、喜んでもらうことにしています。

 今からの鶏飼育については、5種類くらいの鶏を飼育して、こだわりの鶏を追求していきたいです。

 

松本氏が開催されてこられた、盛会な日本鶏品評会

 体ひとつで、一代で築き上げられた、ご自身が経営される老人ホーム【どうあん】にて、毎年秋に鶏の品評会が行われ、たくさんの方が全国各地よりいらっしゃいました。


 

社会福祉法人 洞庵の園と海外交流

 松本氏のこれからの大いなる活躍を、期待しています。