おすすめ記事

廣吉 五三氏 鶏自慢

福岡県 廣吉 五三氏

小軍鶏はやはり九州の柚子顔だ!! 柚子を求めて20余年!!

小軍鶏 赤笹

今回の鶏自慢は、北九州の廣吉五三会長です。

全国一心会の廣吉会長は、全国各地の愛鶏家との交流が深く、北九州場所では全国を始め、海外からもたくさんの方が参加されました。
 


 

オーナーの紹介

廣吉五三氏 品評会挨拶

全国一心会

廣吉五三会長

〒801-0811北九州市門司区大積東町400

093-3410-0026

様々なイベント

北九州で盛大に品評会が行われます。
北九州品評会

北九州で行われる品評会の様子や、Thailand(タイ)に足を運ばれ、国際的にも活躍される様子を一緒に紹介させて戴きます。

↓小さな写真をクリックしてください。

 

鶏舎や自宅

広々とした鶏舎で、ほんとうにたくさんの鶏を飼育出来る配慮が感じられます。
圧倒される、鶏小屋ですね。

銘鶏の誕生を期待します。
日本鶏保護連盟 URL

松本 一敏氏 鶏自慢

 松本一敏氏の鶏へのこだわり! 鶏自慢


庭園と小国鶏

 実家が野菜・養鶏所等を営む商売人の家に生まれた、松本一敏氏は、幼いころから鶏たちとの縁が深く、本格的に鶏を飼い始めたのは、18年前からですが、現在、佐賀県はもちろん、全国有数の鶏の品評会を開催されるまでになられました。

 昨年、佐賀県日本鶏保存会 会長を若い後継者に引き継がれましたが、鶏への情熱は変わることなく、今も、日本鶏の保存に情熱を燃やしていらっしゃいます。

 そんな佐賀県日本鶏保存会・前会長の松本氏に、鶏へのこだわりをお尋ねしました。

新築の素晴らしい鶏舎

 庭先にたくさんの鶏が放し飼いにされ、訪れた方々を楽しませてくれます。
 健康のために飼育し始めたとおっしゃいますが、訪れるたくさんの方々の心も癒してくれます。
↓小さい画像をクリックすると写真が拡大します

 

オーナーの紹介

松本一敏 鶏と一緒に
松本一敏氏

佐賀県日本鶏保存会 前会長

佐賀県鳥栖市山浦町2973

TEL:0942-83-1500 

【松本氏への QandA】

Q.佐賀県日本鶏保存会の会長を終えられてどういったお気持ちですか?

A.佐賀県日本鶏保存会を若い方にバトンタッチしたのは、少子高齢化社会での日本鶏の保存を、若い人たちにつないでいかないといけないと考えていたからです。

 若い人にバトンタッチして、日本鶏を愛し、保存してくれる若い人たちが多く育ってくれることが、わたしの願いです。

 若い人がつないでいかないと、若い人が集まって来ないです、年寄りが多いと消滅していくと思うんですよ。

Q.若い方たちにバトンタッチされるタイミングはどのようにお考えでしたか?

A. わたしの人生は7・8なんです。

 終戦が7(ミサイルで狙撃された)・8歳・、17歳で母を亡くしました。

 27歳で父を亡くし、今の老人ホームの基盤となる土地を購入し、1600坪の牧場を作って、37・38歳で自宅を建て、47・48歳で社会福祉の今の老人ホーム(洞庵の園)を立てました。

 57・58歳で他の施設も作っていきました。

 また、今度新しく施設を作りましたが、77・78歳で施設を拡大しました。

 7.8がわたしの人生の節目だと思いますので、78歳で会長を退くことにしました、良い時期だったと思っています。

Q.若い方たちへ代を譲って、何かご助言等ありますか?

 まだまだ、若い会長なので、こちらでも出来るだけの手助けをしてあげたいと思っています。

Q.今後、力を入れて行きたい鶏は?

 力を入れるというより、経営している老人ホームにいらっしゃる方々に鶏をお見せして、喜んでもらうことにしています。

 今からの鶏飼育については、5種類くらいの鶏を飼育して、こだわりの鶏を追求していきたいです。

 

松本氏が開催されてこられた、盛会な日本鶏品評会

 体ひとつで、一代で築き上げられた、ご自身が経営される老人ホーム【どうあん】にて、毎年秋に鶏の品評会が行われ、たくさんの方が全国各地よりいらっしゃいました。

 

社会福祉法人 洞庵の園と海外交流

 松本氏のこれからの大いなる活躍を、期待しています。

間所 栄次氏 鶏自慢

鶏自慢 間所 栄次氏

幻の大和軍鶏をめざして!!
間所栄次 大和軍鶏 白色


記念すべき第1回目の鶏自慢は、埼玉県にお住いの間所栄次さんです。


小学校6年生で大和軍鶏が品評会初優勝という華やかな経歴を持つ、各地で行われている品評会で上位入賞される飼育家です。

 間所さんの鶏に対する意気込み、保存に対する熱意をお伺いしました。

オーナーから一言

間所栄次 剣道着姿
全国小型軍鶏協会
代表:間所栄次

〒343-0002
埼玉県越谷市平方1634-1
090-8940-7415

【間所氏から一言】


私と日本鶏との出会いは、小学校3年生の時に上野動物園で開催された品評会に、入会出品した時からです。


それからは、毎日の様に会員名簿を片手に自転車で、会員のところを訪ね歩いていました。

それからは毎日の様に冷める事無く、現在自宅近くに飼育所が有り、大和軍鶏・小軍鶏を主に飼育して居ります。

特に内種については赤笹、油種に劣ら物と考えており改良に苦労の毎日です。

また、会員が皆良鶏を持てる様、交換会や勉強会を開き知識の向上を促しております。

 

圧倒の小軍鶏勢揃い

数々の賞をとった間所さん、その飼育鶏・小軍鶏の勢ぞろいです。
赤笹から薄墨、猩々・白色・黒色・白笹など、内種もいろいろ飼育されています。


 

鶏舎や自宅

小軍鶏や大和軍鶏を育てやすい設計と、見た目の美しさを感じさせる鶏舎は、良い鶏づくりの基本だと思います。
大変すばらしい鶏舎ですね。

「剣道は、30年前に子供と始めた剣道ですが、いつも、楽しく汗を流しています。」

とのことでした。


日本鶏保護連盟 URL