コクシジウム病

コクシジウム病

 冬の呼吸器病から解放されて、暖かくなってくる梅雨から夏にかけては床湿りからくるコクシジウム病が多発する季節です。
 
そこで世界の国々で、鶏病ベストテン上位3位までに入るというコクシジウム病についてまとめました。

コクシジウム病にかかる動物種

 コクシの歴史は大変古く、有史以前にもあったようです。
 文献によると1674年にオランダの兎からオーチスト(コクシの卵)が発見され、1884年にコクシジウム病と命名されました。

 コクシは古くて、しかも広く多くの動物にその病気があります。
 感染動物は、人、牛、羊、山羊、猫、豚、鶏、キジ、七面鳥、アヒルなど、数多くの動物に寄生分布しています。

コクシジウム病について

 コクシの感染は、まずコクシ病の鶏が糞にオーチスト(コクシの卵)を排出し、健康な鶏がその糞を食べます。
 すると、その体内(腸壁)で増殖しながら発育します。
 盲腸が侵されている場合は比較的治りやすく、小腸が侵されている場合は治りにくい傾向にあるようです。

 また、幼雛期は盲腸型が多く、大雛期は小腸型が多いというデータもあるようです。
 コクシが一定の量(かなり大量)に増えると、その頃から血便を出します。

血 便ですので便は赤い色をしていますが、よく間違われる病気でチョコレート色の非常に臭い便を出すクロストリジウム腸炎という病気がありますので気をつけて便を見て下さい。
 血便の他には下痢、食欲不振、廃絶、体重減少などの症状が見られます。
 この病気の発生は6・7・8月の高温、多湿な時期に多く、冬期は少なくなります。
 感染から発病までは4~5日間(潜伏期間)あります。

対 策

 オーシストの入った糞を食べさせないことが重要です。
 通常、鶏はエサ場ではなく水飲み場で糞をしやすいので、エサ場と水飲み場は分けて感染を防ぎます。

 その場合、スノコなどを敷き、糞がスノコの下に落ちるようにすると効果的です。
 また、発病の原因として、密飼い、床湿り、冷え込みによる鶏の密集、雨風が吹き込んで鶏や床が濡れたなどなどがありますので、その原因を除去して管理体制を整えます。

 鶏を地面で飼っている場合は、たまに土を入れ替えて下さい。
 石灰には殺菌作用がありますので、石灰と土を混ぜます。
 しばらく置くと地熱を受け、土全体に熱を持ってきます(この熱で殺菌効果が上がる)のでそのまま2・3日置いた後、鶏を入れます。
 コンクリートで飼っている場合はまめに鶏舎を水洗いします。
 鶏のケージを地面から離すというのも良い方法です。

 治療薬として、血便を発見した場合はまず、サルファ剤(アプシード、ダイメトンなど)を4~5日投薬します。
 しかしながらまずは予防が第一ということで、適正管理(温度、湿度、換気の3原則を守りながら、その鶏に合った環境をつくる)と、栄養補給(体力の増強)に充分注意して下さい。

2011 vol.80 ザ・ポウルトリーより引用

日本鶏保護連盟 URL

日本鶏保護連盟 福岡・柳川での新年会

2104年 新年会

▼2014年2月16日、福岡県柳川にある、斎場「ランヴィエール勝島」で、日本鶏保護連盟新年会が和やかな中で行われました。
2014年 新年会集合写真
▼開会の挨拶は、日本鶏保護連盟会長:片桐英彰会長の挨拶で始まりました。
片桐英彰会長挨拶
今日は、みんな仲良しこよしで、鶏談義に花を咲かせましょうと、あたたかいお言葉を戴きました。

▼次に、新年会の幹事役を勤められた、九州チャボ保存会:近藤会長のご挨拶を戴きました。

近藤会長のおかげで、このような盛会な集まりが出来ますことを心より感謝申し上げます。
近藤純久会長挨拶 九州チャボ保存会
近藤会長のおかげで、このような盛会な集まりが出来ますことを心より感謝申し上げます。

▼西日本チャボ保存会:上野亨会長の乾杯の音頭です。
上野亨会長挨拶
▼みなさま、愛鶏をこよなく愛する方の集まりで、久々に顔を合わせて、乾杯されました。
みなさんで座談
▼佐賀県日本鶏保存会:松本会長と、上野会長です。
上野亨会長 松本一敏会長 みかん
お二人ともに、天然記念物日本鶏の保存に全力を注いで下さる、頼もしいお方々です。

▼恒松夫人、踊り出したら止まらない・・・。
恒松夫人おどり
▼愛鶏家のみなさまは、おいしいお酒と食事に舌鼓を打ちながら、鶏談義に花が咲きました。
鶏談義
▼大変気合の入った迫力ある、松本会長の万歳三唱で、本年度の新しいスタートの約束を交わし、新年会が滞りなく終了致しました。
松本一敏会長 佐賀県天然記念物日本鶏保存会
また今年も、みなさんと力を合わせて、日本鶏の保存に勤めて行きたいものです。

さまざまな場面

日本鶏保護連盟 URL

第16回 天然記念物日本鶏品評会 全国大会北九州場所

全国大会北九州場所

平成25年4月28日、少し早い五月晴れの晴れ渡るまさに品評会日和に恵まれ、会場は、門司の廣吉環境開発にて、全国一心会主催、天然記念物日本鶏品評会 全国大会北九州場所が開催されました。
集合写真 北九州日本鶏品評会
 
 
▼ 北九州は本州に近く、地の利にも恵まれ、全国各地から廣吉会長の元に、たくさんの愛鶏家の方が集いました。
北九州鶏一心会品評会 会場全体
 

様々なイベント

▼ 品評会の開会式です。
 全国を代表する鶏の会の会長様方をはじめ、北九州の国会議員や、県・市会議員も参列されました。
開会式 各会・議員のみなさま
 
 
▼ タイ国より参加された、Suthep Chonguliana(ステップ・チョングリアナ)さんが騎馬戦に乗られた。
  タイを代表される、愛鶏家の方です。
北九州品評会集合写真 開会式にて
 
 

▼ 開会式の後の恒例の餅まきです。
 
 餅を拾って、幸運も呼びたいものです。
舞台餅まき
 
 
▼ イベントもさまざまでした。
 
 こちらは、門司港名物、バナナのたたき売りです。
 売り手は、市議の日野さまです。
門司港名物 バナナのたたき売り
 
 
▼ 威勢のいい掛け声で、バナナのたたき売り!!
日野さま バナナのたたき売り
 
 
▼ 鶏種もたくさんの出品がありました。
小国 白色
 
 
▼ ほんとうに、どの鶏たちも甲乙つけがたく、名鶏たちの勢ぞろいでした。
烏骨鶏 白色
 
 
▼ 閉会式に、タイ国からいらっしゃった愛鶏家の方と写真撮影です。
  左から、片桐会長、Suthep Chonguliana(ステップ チョングリア)さん、廣吉五三会長、そして、右のお方が、Surajit Kong wattana(スラチット コング ヴァットタナー)さんです。
閉会式 タイの愛鶏家のみなさまと
 
 
国際交流も踏まえて盛大な内に、品評会が終了致しました。
 
 品評会での鶏を通じての人とひとの交流、それから、鶏の新しい情報交換など、愛鶏家の方にとっては大変貴重な一日だったのではないかと思います。
 
 来年もまた元気でお会いできることを、楽しみに致しております。