おすすめ記事

近藤 純久氏 鶏自慢

福岡県 近藤 純久氏

鶏歴40余年、ベテランが選んだ鶏たち!!

小軍鶏 白色

今回の鶏自慢は、福岡県にお住いの近藤純久会長のご紹介です。

【筑後愛好会】というちいさな鶏の会から、「もっと大きな会を作ろう!!」という掛け声と共に、【九州チャボ保存会】を開設され福岡に鶏の旋風をおこされた方です。
毎年、10月頃に地元で品評会を開催されます。

町会議員も今年3期目を迎えられる近藤会長は、地元でも大変知名な方で、小学4年生の理科の授業の一環として、飼っている鶏たちを、子供たちが見学に来るそうです。

そんな近藤会長に、鶏に対する意気込みを聞かせて戴きたいと思います。

様々な鶏の風景

一般的には、特定の鶏種にこだわり、力を入れがちですが、近藤会長は天然記念物日本鶏の保存に全力を傾注され、多くの鶏種を飼っていらっしゃいます。

たくさんの雛には、明日を担う名鶏の誕生が楽しみです。

↓小さい画像の上にマウスをおくと写真が拡大します

オーナーのご紹介

近藤純久会長

九州チャボ保存会

 会長:近藤純久

〒830-0413

福岡県三潴郡大木町上牟田田口374

0944-32-1229

【近藤会長への QandA】

Q. 鶏を飼われたきっかけは何でしょうか?

A. 父が鶏を飼っていたのがきっかけです。
わたしが20歳前から飼育を始めました。
もう随分長いこと飼っていますね、40年以上になります。

Q. 特に力を入れている鶏種はありますか?

A. 特にといえば、小軍鶏・ちゃぼかもしれませんが、幅広く多くの鶏種の保存に
つとめています。

Q. 今回お伺いさせて戴いて、小軍鶏が多いようにも感じましたが、小軍鶏へのこ
だわりは何ですか?

A. 九州の特徴かもしれませんが、特に大きい顔つきと、肩の張り、立ち、にしび
れながらこだわっています。

こだわりの小軍鶏たち

たくさんの鶏たちの中でも、小軍鶏に現在力を入れていらっしゃるようです。

こだわりの小軍鶏のご紹介です。

ゴザとの縁は100年以上、近藤篤商店

毎年、鶏の品評会が行われる、近藤篤商店はゴザの製造元、近藤会長が設立されて40年、社名にはお父様の名前をつけられました。

ゴザとのかかわりは、先祖代々受け継がれ、今日では、海外からの研修生を招かれています。

近藤商店から出荷される三越などのデパートや、ホームセンターなどで立ち並ぶゴザの香りは、この季節に涼しさを感じさせる、かかせないもののひとつかもしれません。

いかにお客様のニーズに応えるか、それは、不良品を絶対に出さず、信頼ある商品を提供し、検査を100パーセント厳しく、針などは一本も残らないようにと・・・。

近藤会長のゴザ作りに対するこだわりは、たくさんの方に信頼を戴き、40年の歴史を刻 んで来られました。
日本鶏保護連盟 URL

小軍鶏 赤笹 【会長日記】

小軍鶏 赤笹の魅力!!

小軍鶏 赤笹

廣吉 五三氏 鶏自慢

福岡県 廣吉 五三氏

小軍鶏はやはり九州の柚子顔だ!! 柚子を求めて20余年!!

小軍鶏 赤笹

今回の鶏自慢は、北九州の廣吉五三会長です。

全国一心会の廣吉会長は、全国各地の愛鶏家との交流が深く、北九州場所では全国を始め、海外からもたくさんの方が参加されました。
 


 

オーナーの紹介

廣吉五三氏 品評会挨拶

全国一心会

廣吉五三会長

〒801-0811北九州市門司区大積東町400

093-3410-0026

様々なイベント

北九州で盛大に品評会が行われます。
北九州品評会

北九州で行われる品評会の様子や、Thailand(タイ)に足を運ばれ、国際的にも活躍される様子を一緒に紹介させて戴きます。

↓小さな写真をクリックしてください。

 

鶏舎や自宅

広々とした鶏舎で、ほんとうにたくさんの鶏を飼育出来る配慮が感じられます。
圧倒される、鶏小屋ですね。

銘鶏の誕生を期待します。
日本鶏保護連盟 URL